会社概要・沿革

企業情報

登記名 株式会社DORAL
創業 1910年
代表者 代表取締役社長 布施匡章
設立 1954年
従業員数 102名
事業内容 各種住宅設備機器、タイル、その他建築関連資材、設備資材の販売
資本金 4億5,000万円

沿革

明治43年 下里貞次郎・佐賀県有田町に実弟和久栄之助氏と共に有田製陶所(後の有田タイル㈱)を設立し、本邦において初めて磁器タイルの製造に成功する。
大正3年 販路を東京に求め、東京都千代田区鎌倉河岸に、有田製陶所東京支店を開設。
大正10年 同支店を独立、東京タイルモザイク商会と改称、販売に加えて工事請負に従事。
大正14年 下里良三郎が事業を継承し、以後全国にわたりタイルを納入・施工。
昭和9年 札幌グランドホテル新築に当り、木田組の招聘に応じ来道。
昭和10年 札幌に出張所を開設、タイル・耐火煉瓦・赤煉瓦の販売及び工事請負に従事。
~終戦 戦時中、東京本店が再三戦災に遭遇した為、本拠を札幌に移し終戦をむかえる。
昭和29年 時代の趨勢に伴い、組織を株式会社に変更し、資本金200万円にて株式会社東京タイル商会と改称。
昭和44年 資本金2,500万円に増資。
昭和48年2月 代表取締役社長に布施光章就任。
昭和52年12月 本社を札幌市大谷地に移転する。
流通センターを同上住所に開設する。
昭和53年4月 札幌北営業所を開設する。
昭和55年4月 旭川営業所を開設する。
同年8月 資本金5,000万円に増資。
昭和58年1月 業容の拡大に伴い、販売・工事両部門の取引先交錯競合の弊害が予見されるため、北海道ドラール㈱と商号を変更し販売部門を継承。工事部門を㈱東京タイル商会として分離継承する。
同年4月 室蘭営業所を開設。
同年11月 資本金6,000万円に増資。
昭和60年5月 函館営業所を開設、道南地区の販売網を確立する。
同年11月 石狩流通センターを開設し、札幌営業所を合併する。
昭和61年7月 資本金1億円に増資。
昭和62年3月 組織変更し、事業部制を敷く。
平成元年9月 本部機能を札幌市北区北7条西1丁目SE山京ビルに移転する。
平成3年 4月 6日 会社名称を㈱DORAL(登記名 株式会社ドラール)と変更する。
平成4年4月 松戸店開設。
平成5年4月 市川店開設。
平成6年5月30日 新社屋ビル竣工。(立体駐車場併設)
同年9月 資本金3億7,500万円に増資。
平成7年3月 船橋店開設。松戸店を柏に移転。
平成8年4月 東京店を市川に移転。
同年 首都圏流通センターを旧東京店より分離して鎌ヶ谷に移転。
平成9年 ギャラリーどらーる開設。
同年3月 関連会社㈱東京タイル商会を吸収合併する。
同年4月 千葉店開設。
平成10年4月 取手店開設。
平成11年4月 立川店開設。
平成12年4月 中野店・保谷店開設。
平成13年4月 三鷹店開設。
同年5月 布施光章が代表取締役会長に、坂本公雄が代表取締役社長に就任。
平成14年4月 藤沢店開設。
平成19年3月 布施匡章が代表取締役社長に就任。
同日 西東京物流センター開設。
同年5月 登記名を株式会社DORALと変更する。
平成21年2月 資本金4億5,000万円に増資。
平成22年4月 横浜支店開設。
平成24年11月 東関東支店を移転。
平成27年6月 茨城出張所開設。
令和3年7月 西東京支店・三鷹支店を久米川へ移転。

ページ最上部へ